Precious Time in London

2010年7月から2011年7月に日本へ帰国するまでの、ロンドン生活1年間の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノルウェーの港町・ベルゲン(2)

北欧旅行、ベルゲン観光の続きです


ブリッゲンを見た後は お腹も空いてきたので、近くの魚市場へ♪

ベルゲン

いろいろな魚があったけど、サーモンと小エビが 特に たくさん売られていました。

他には カニとか
ベルゲン

ブルーロブスター (っていう名前かどうかは 知らないですが) とか。
ベルゲン

私の写真だと広さが伝わりませんが、結構 たくさんのお店がありました。
ベルゲン
↑ サーモンの切り身を 長ーい 包丁の先に 乗せて、試食を勧める お姉さん。


魚以外にも、フルーツや 雑貨類のお店も出ていました。
ベルゲン

エビの焼いたやつを食べたのに、写真を撮り忘れた…。 残念


で、

お腹を満たした後、フロイエン山に 登りました!


ケーブルカーもありますが、たくさんの人が並んでいたので 登山道を歩いて・・・

たしか 2時間くらいで 頂上に 着いたと思います。

ベルゲン
↑ 左下に見えるのが 展望台。

ここから、ベルゲンの町を見渡すことが出来ます。

フィヨルドの地形も なんとなく見えるような … 気がする。
ベルゲン

歩き疲れたので、頂上の売店で 売っていた でかソフトクリームを思わず買ってしまいました。
ベルゲン

そして再び 歩いて下山!

途中、北欧らしい かわいい家並みの道を通りました。
ベルゲン

ベルゲン

地上!? に 戻ってからも ベルゲンの町歩き

ベルゲン
19時を過ぎたからか、お店も閉まり 人通りもまばらな通り。

プレッツェルの看板が かわいい^^

オスロの町にもあったけど、道の中央に ぶらさがってる 街灯が…ちょっとレトロ。


ベルゲン
21時、キレイな夕日を見ることができました


ベルゲン観光は これで 終了。
ベルゲン


次の日は、飛行機で スウェーデンのストックホルムへ 向かいます。


つづく

スポンサーサイト
  1. 2010/10/11(月) 21:12:07|
  2. ヨーロッパ旅行(北欧)

ノルウェーの港町・ベルゲン(1)

北欧旅行の続きです


オスロ を 出発して 約12時間半 後、ようやくベルゲンに 到着!
 
ベルゲン

列車、フロム鉄道、フェリー、バス、列車 に 乗り換えての長旅は やっぱり疲れましたー(笑)

途中の村で 1泊するのも よかったかも。。。


ホテルに チェックインしたのは 夜9時近くでしたが、

夕食を食べていなかったので、早速 ベルゲンの町へ繰り出します


地球の歩き方に 載っていたレストラン 「 Bryggeloftet Stuene 」へ。

そして、私は もちろん ベルゲン名物 「 Bacalao バカラオ 」 を 注文しました

ベルゲン

干ダラの トマ ト 煮込みです。 美味しかったー♪

奥に 写っているのは、夫が注文した ムール貝。 これだけで お腹いっぱい!


このお店、美味しくて 雰囲気も良くて、大満足でした。  外観の写真も撮っておけばよかったな…



さて、  次の日・・・

まずは やっぱり 世界遺産 Bryggen ブリッゲンへ。

ベルゲン

かわいらしい 木造の家が並んでいます。


13世紀から16世紀に 建てられたものらしいのですが、

たびたび火災に よって 焼けてしまい、そのたびに 同じように 復元・修復されているそうです。

ベルゲン

どことなく ゆがんで いるのも わざと、なのかな。

ベルゲン
このドアは 確実に 斜めだった


家と家の間から 中へ入っていくと、さらに ステキな 雰囲気です。
ベルゲン

どこかのテーマパークみたい (笑)  なんて言ったら ダメかな^^;

ベルゲン

ここには、お店や工房みたいなところが いろいろとありました。

ベルゲン

ベルゲン
キャンドルショップとか・・・

ベルゲン
かわいらしい 雑貨のお店も。


ブリッゲンを見られただけでも 苦労して (!?) ベルゲンに 来た甲斐があった、と 私は思いました。


ベルゲン観光、次回へ続く

  1. 2010/10/10(日) 20:00:42|
  2. ヨーロッパ旅行(北欧)

フィヨルドツアー(2)

北欧旅行、2日目の続き


フロム鉄道の絶景ポイント 「 ショース 滝 」 を通り 過ぎてからも

ステキな景色が 続きます。

フィヨルドツアー
ちょっとガラスが曇っちゃいました…

フィヨルドツアー
山あいの かわいい小さな村。


「 ミュールダール 」 を 出発して 約1時間後、「 フロム 」 に 到着しました。

フィヨルドツアー

今度は フェリーに 乗り換えです。

フィヨルドツアー
↑ これに 乗りました


出発まで 30分ちょっと時間があったので

おみやげ屋さんを見たり、ベンチで のんびりしていました


で、

出発の10分くらい前に フェリーのりば へ 行ったら、みんな すでに 乗り込んで 座ってた


結局、ちゃんとした席を確保できず・・・

とり あえず 後ろのデッキに あった ベンチに 座って、景色を見るため、あちこち歩き回ってました。

フィヨルドツアー

そういえば、何も書いていませんでしたが

ここは 「 ソグネフィヨルド 」 という、ノルウェー最大のフィヨルドです。

フィヨルドツアー

フィヨルドは、氷河によって 作られた 谷に 海水が 浸入して 形成された入江。

地図で見ると 複雑に 入り組んだ 海岸線って感じですよね。


もちろん、その地図の感じで フェリーが うねうねと進んでいくわけではありません(笑)

私は 最初 そうなのかな、って思ったけど

フィヨルドツアー
右も左も こんな感じの 高い 谷壁に 挟まれた ところを ぐんぐんと 進んで いきます。

あの雄大さ、 私の写真では とても伝えきれません!


途中、かわいらしい 家が 並ぶ 村に も 停車しました。
フィヨルドツアー
この船は、ここに 住む地元の人たちの 生活の足に もなっているそうです。



「 フロム 」 出発 から 2時間10分後、「 グドヴァンゲン」 に 到着。

このあたりで もう かなり 疲れが・・・


ここで、バスに乗り換え。

ウトウトしながらも、必死で (笑) 外の景色を楽しみます。

フィヨルドツアー

ビューポイントで 一時停止してくれるので、みんな 一斉に 撮影開始。

フィヨルドツアー

フィヨルドツアー

↑この景色を見たのを最後に、私は眠りにつきました


約1時間 バスに ゆられて・・・

気が付くと、バスの終点 「 ヴォス 」 に 到着していました。



そして、ここから列車に 乗り換えて、ようやく 「 ベルゲン 」 へ。

荷物もあるし、寝ちゃいけない、と思ったけど 睡魔に は 勝てず。

爆睡でした

フィヨルドツアー

1時間後、 20時34分 ベルゲン 到着。 ( ↑ これに乗りました。 ベルゲンの駅で 撮影。)


次回へ続きます


  1. 2010/10/08(金) 21:28:06|
  2. ヨーロッパ旅行(北欧)

フィヨルドツアー(1)

北欧旅行 2日目。

朝早く起きて、オスロからベルゲンへ向かう 「フィヨルドツアー」 に 参加しました。

ツアーといっても、団体行動ではありません


FJORD TOURS (フィヨルド・ツアーズ)という会社(?)がやっている

「 NORWAY IN A NUTSHELL 」 というチケットを事前に ネットで 購入。


列車 フロム鉄道 フェリー バス 列車

と、乗り継いで ノルウェー第2の都市 ベルゲンへ 到着するツアーです。


朝食をすごい勢いで食べて、急いで チェックアウト。

でも、宿泊したホテルが オスロ中央駅から すぐだったので、急いだけど 案外余裕でした^^

フィヨルドツアー
8時11分発!

フィヨルドツアー
バックパッカーらしき人がたくさんいました。


さあ、出発です

最初の乗り換え駅 「 ミュールダール 」 までは、それほど見どころらしきものは ありません。

フィヨルドツアー
というか、こんなに↑霧が出ていて ・・・ 全然見えませんけどー


この列車、座席は すべて指定席なのですが、私たちは 運悪く 進行方向と逆向きの席になってしまいました。

ただでさえ 乗り物酔いしやすいのに、これは結構 辛かった。

フェリーに 乗るときに 飲もうと思っていた 酔い止めの薬を飲んで、なんとか しのぎました



オスロ駅を出発して 約4時間後、ノルウェー鉄道 最高標高の フィンセ 駅 に 到着。
フィヨルドツアー

10分くらい(?)停車時間があるので、外へ出て 写真を撮ることもできますが、

霧がすごかったので 降りている人は あまり いませんでした。。。


フィンセ を過ぎたあたりから、徐々に 霧も晴れ、景色も いい感じになってきました♪

フィヨルドツアー

↓ 車窓とおしゃべりを楽しむ 隣の席の おじいちゃんとおばあちゃんたち。
フィヨルドツアー

しばらく こんな景色が続きました
フィヨルドツアー


フィンセ から 約30分後、12:53 MYRDAL ( ミュールダール ) に 到着。

オスロから 4時間40分。 長かったー


ここで 「 フロム鉄道 」 に 乗り換えます。

フィヨルドツアー

フロム鉄道は 座席指定がないので、いい席 (窓際かつ進行方向の席!) を確保するため
ホームで待機。


来ましたー。
フィヨルドツアー

無事に 「 いい席 」 を確保できて 一安心

フィヨルドツアー
車内は 木目調で 優しい雰囲気でした。


途中、大きな滝のところで 一時停車。
フィヨルドツアー
たくさんの人が下車していったので、私も降りてみました

ショース滝、というらしいです。
フィヨルドツアー
落差93m。 迫力がありました。


フィヨルドツアーは まだまだ 終わりません!

次回へ続く

  1. 2010/10/06(水) 08:50:14|
  2. ヨーロッパ旅行(北欧)

ちょっとだけオスロ観光

ようやく 北欧旅行の写真が 整理できました。

8月15 ~ 21日 ( 6泊7日 ) ノルウェー & スウェーデン、旅のキロクです


***

ロンドンから 約2時間のフライトで ノルウェーの首都、オスロに到着。

オスロ空港から エアポート・エクスプレスに乗って ホテルのあるオスロ中央駅へ。

オスロ
↑ これ、駅です。


ホテルに 荷物を置いて、早速 町の散策に 出掛けました

オスロ
↑ Karl Johans gate カール・ヨハン通り、という とても広い通り。

奥の方~に 見えるのが、ノルウェー国王が 今も暮らしているらしい 「 王宮 」です。

CIMG1578.jpg
国王が住んでいる、という割には 警備が手薄な感じもしますが … 大丈夫でしょうか !?

オスロ
王宮から カール・ヨハン通りを見下ろしたところ。

天気が良かったので、遠くの方にある オスロの町も見ることができました


王宮から港へ向かいつつ、さらに 町を散策。

オスロ
オスロのトラムは 青色でした

オスロ
赤信号は 2つ点灯


町中には たまに、こんなのがいます↓
オスロ
「こんなところに 駐車するんじゃないっ!」


オスロ
「駐車するなって言ってるだろ!!」

なんてね・・・



さて、

↓ こちら、ノーベル賞の授賞式が行われる 「オスロ市庁舎」 です。
オスロ

銅像の頭に 2羽の カモメがいる瞬間を狙ってみました
オスロ


市庁舎の前は オスロ湾。

たくさんの船が 泊まっていました。
オスロ

時間がゆったりと流れているような、のんびりとした雰囲気のところでした。

オスロ

約3時間のオスロ観光。

まだまだ見どころがありそうでしたが、残念ながらオスロ滞在は この日だけ。

次の日は フィヨルドツアーに 参加して、ベルゲンへ向かいます。


次回へ続く

  1. 2010/10/04(月) 22:15:36|
  2. ヨーロッパ旅行(北欧)

プロフィール

ちなくま

Author:ちなくま
初めての海外生活。
1年間のロンドン暮らし。
英語は苦手だけど
いっぱい楽しむぞ。

=====
ご訪問いただき
ありがとうございます♪

申し訳ありませんが
こちらではコメントは
受け付けていません。
ご質問などありましたら
下記メールフォーム
からどうぞ(^―^)



最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
出国(渡英)準備 (5)
帰国準備 (1)
ロンドン生活 (35)
ロンドン生活(ちょっとお出かけ) (23)
ロンドン生活(イベント) (29)
ロンドン生活(マーケット) (12)
ロンドン生活(アフタヌーンティ) (5)
ロンドン生活(おいしいもの) (17)
ロンドン生活(かわいいもの) (22)
ロンドン生活(きれいな空) (4)
ロンドン生活(花) (10)
ロンドン生活(習い事) (21)
ロンドン観光 (14)
ロンドン近郊へお出かけ (8)
イギリス旅行(コッツウォルズ) (10)
イギリス旅行(南海岸地方) (2)
イギリス旅行(湖水地方) (5)
イギリス旅行(北ウェールズ) (5)
イギリス旅行(ヨーク・エディンバラ) (1)
ヨーロッパ旅行(北欧) (5)
ヨーロッパ旅行(スペイン) (9)
ヨーロッパ旅行(フランス) (3)
私たちにできること (2)
お知らせ (2)

月別アーカイブ

人気記事

・ アンティーク・フェアに行ってきました。
・ 有名人のブループラーク *1
・ サンデー・ロースト!
・ ストーンヘンジへ小旅行
・ リボン専門店 ~VV Rouleaux~
・ ビッグなアンティークマーケットを初体験
 ~Sunbury Antiques Market~

・ アルハンブラ宮殿

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム


RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ぽちっとワンクリック
していただけたら嬉しいです(^―^)
ありがとうございます!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



過去のブログ↓
「キャンドルとちいさな幸せ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。