Precious Time in London

2010年7月から2011年7月に日本へ帰国するまでの、ロンドン生活1年間の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国会議事堂見学

“夏期限定で見られるロンドンの見どころ” といえば、

「国会議事堂(HOUSES OF PARLIAMENT)」 と
「バッキンガム宮殿(BUCKINGHAM PALACE)」です。


来年の夏には帰国しているので、今年行っておかなくては!ということで

7月12日に国会議事堂、7月14日にバッキンガム宮殿へ行ってきました。


ビックベンが写っていないと、それらしくないような感じですが!?

国会議事堂です↓
Houses of Parliament

チケットは「ticketmaster」で予約済。

行ってみたら、チケット売り場も見学ツアー入り口も 行列が出来ていたので

予約していって正解でした

Houses of Parliament


ガイドツアーのスタート場所、ウェストミンスター・ホール。
Houses of Parliament
ここだけが撮影OKです。

ガイドツアーはもちろん英語。

全部は分かりませんでしたが、雰囲気だけでも充分に楽しめます


(写真がないので、今、記憶に残っている映像を必死に思い出しています。)


英語の分かる夫は、さらに楽しんでいたようです。 いいなー

いろいろな興味深いエピソードを話していたんだろうなぁと思います(笑)


国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)は 1834年の火災で 大部分が焼失してしまったそうで、

現在の建物は 1860年に再建されたものとのこと。

ウェストミンスター・ホールは、焼失を免れた数少ない場所の一つ。

Houses of Parliament

この、木材が使われた天井は 完成当時最高の木造建築技術で造られているそうです。



日本でも国会議事堂見学ツアーとか、やっているのでしょうか。

せっかく東京に住んでいたのに、調べたこともなかったな…。

帰国したら、行ってみたいなぁ(やっていたら)。

スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 08:55:59|
  2. ロンドン観光

プロフィール

ちなくま

Author:ちなくま
初めての海外生活。
1年間のロンドン暮らし。
英語は苦手だけど
いっぱい楽しむぞ。

=====
ご訪問いただき
ありがとうございます♪

申し訳ありませんが
こちらではコメントは
受け付けていません。
ご質問などありましたら
下記メールフォーム
からどうぞ(^―^)



最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
出国(渡英)準備 (5)
帰国準備 (1)
ロンドン生活 (35)
ロンドン生活(ちょっとお出かけ) (23)
ロンドン生活(イベント) (29)
ロンドン生活(マーケット) (12)
ロンドン生活(アフタヌーンティ) (5)
ロンドン生活(おいしいもの) (17)
ロンドン生活(かわいいもの) (22)
ロンドン生活(きれいな空) (4)
ロンドン生活(花) (10)
ロンドン生活(習い事) (21)
ロンドン観光 (14)
ロンドン近郊へお出かけ (8)
イギリス旅行(コッツウォルズ) (10)
イギリス旅行(南海岸地方) (2)
イギリス旅行(湖水地方) (5)
イギリス旅行(北ウェールズ) (5)
イギリス旅行(ヨーク・エディンバラ) (1)
ヨーロッパ旅行(北欧) (5)
ヨーロッパ旅行(スペイン) (9)
ヨーロッパ旅行(フランス) (3)
私たちにできること (2)
お知らせ (2)

月別アーカイブ

人気記事

・ アンティーク・フェアに行ってきました。
・ 有名人のブループラーク *1
・ サンデー・ロースト!
・ ストーンヘンジへ小旅行
・ リボン専門店 ~VV Rouleaux~
・ ビッグなアンティークマーケットを初体験
 ~Sunbury Antiques Market~

・ アルハンブラ宮殿

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム


RSSリンクの表示

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ぽちっとワンクリック
していただけたら嬉しいです(^―^)
ありがとうございます!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



過去のブログ↓
「キャンドルとちいさな幸せ」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。